2013年 りぼん10月号 ローゼンメイデン読み切りでわかったこと、考察 

ローゼンメイデンの舞台はまいた世界もまかなかった世界も現代の日本。
ローゼンメイデン自身の過去の記憶と言うか、過去話は実はあまり出てきておりません。
今回のりぼんにおいての読み切りはジュンに出会う前の過去話。
ここからわかったことと考察を書き留めて置きます。

・今回の物語の舞台はどこ?
ジュンと出会う前。
ただし、今回真紅が眠りについて次に目覚めた時がジュンと出会ったときなのかは不明です。
そうなのかもしれないですが、ドール達は度重なる人間との出会いと別れを繰り返しているのでこの眠りの後に何回か人間と出会っていてもおかしくはありません。

・真紅がいたアンティークショップはどこの国にあったのか?
女の子とお店の雰囲気から外国に見える気がしますが、日本人だって洋服は着ますし外国風のお店もありますので日本じゃない!とも言い切れない。
お店のウィンドウに「ANTIK une BUCHM?R?」と書かれています。
※?と書かれているのは文字が切れていたり字で隠されていて判別不能な文字です。
uneとあるのでフランス?
でもANTIKを翻訳サイトの自動検出で調べてみたらトルコ語やドイツ語と出てきてしまいました。
BUCHM?R?はBUCHMARKかBUCHMARKTかもしれません。これらはドイツ語です。
BUCHMARKはブックマーク、BUCHMARKTは書籍市場だと出てきました。
店が閉まった時には、「CLOSED」の札がかけられていました。CLOSEDは英語ですから、もう言語がばらばらでどこの国に真紅がいるのか特定できません。
言語に詳しくないのでわかりかねます。

・ラプラスの魔の呼び方
まったく動きが読めないウサギですが、nのフィールド内にある鈴の付いた木の鈴を鳴らすと来てくれるようです。しかも早い。迅速な対応ありがとうございます。

・ローゼンメイデンが眠りについてからの流れ
ローゼンメイデンとどこか共通している人間を人工精霊が選び、手紙やメール、電話等で「まきますか まきませんか」の質問を送り、まいた人間の元にドールを送るという形でドールと人間が出会うことはこれまで判明していました。
今回わかったことは、
☆ローゼンメイデンはゼンマイが切れかけたらドールの方からラプラスの魔の元・もしくはラプラスの魔を呼べる気がある場所に来ることがある。
けれどもそうじゃない時もある。(雛苺はゼンマイが切れたまま人間の世界にいましたし、水銀燈と金糸雀はゼンマイが切れているか切れていないかわからない状態でした。)
☆ローゼンメイデンは次のマスターを探すために(多少気が重たくても)ラプラスの魔の元を訪れている。
真紅はこの目的があったためにラプラスの魔の元を訪れていました。

・ラプラスの魔はローゼンメイデンの動向をよく知っている。
真紅に現在のドールの様子を聞かれ、すんなり答えていました。
水銀燈と金糸雀はわからないとのことですが、何となく知っているのに言っていないだけな気がします。(雪華綺晶の存在も知っている様な感じ。読み切りの中でその存在をほのめかしている。)

・人工精霊のお仕事について。
☆連絡係としてのお仕事
ラプラスは雛苺の現在について人工精霊のベリーベルから連絡を受けていました。
「今、ドールはこんな状態です。」といった様にラプラスの魔に連絡するのも大事なお仕事なのかもしれません。
TALE57において真紅と雛苺が人工精霊を眺めながら、忙しいお父様との連絡を担ってくれる・・・と話しておりますから、お父様とも、ラプラスの魔とも人工精霊は連絡を取っているのかもしれません。
☆マスターを勧誘するための準備のお仕事
今回の読み切りの最後のシーンで人工精霊がラプラスの魔の手袋を借りて物体に触れることが可能となり、その状態でタイプライターを使い「まきますか まきませんか」の手紙を作成していました。
ドールのマスターを探すための手紙も人工精霊が用意している様です。てっきりラプラスの魔がやってくれるものだと思っていました。
ジュンは手紙、巴は電話、みっちゃんはメールで「まきますか まきませんか」のメッセージを受けていました。手紙とメールを打つ人工精霊の姿は想像できますが、電話ってどうやったんでしょうか?
番号は人工精霊が押して、声だけラプラスの魔に協力してもらったとか?

ここまでがわかったことと考察です。以下疑問に思ったことです。

・ラプラスの魔の助けがないとローゼンメイデン達はマスター探しもできないのか?
・ラプラスの魔の元を訪れず、ゼンマイが切れたままのローゼンメイデンはどうやって次のマスター探しの手続きを踏むのか?
→人工精霊が連絡をしている可能性もあり。
・ラプラスの魔とは何者か?
・人工精霊とは何者か?
・人工精霊はどうやって電話で巴にメッセージを送ったか?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment