締め切り 

昨日今日と台風でした。今年は大型台風多いです。
我が家は窓も雨戸もすべて閉め切った完全防備な状態で台風の日を迎えました。

今、色々と締め切りが迫っている物が身の回りにたくさんあるんですが、ふと思い出したのが小さい頃に読んだ漫画家の原稿締切の話。

色々な漫画家がコミックスの柱や空いたページで漫画家の生活の話を書いていて、昔は結構読んでいました。

原稿締切間近になると漫画家、アシスタント含めてぼろぼろの状態になり、服とかトーンのくずがついたジャージ、風呂入っていないなどなどの結構壮絶な話が描いてあり、1話を描くのに大変な苦労があるのだと知りました。
が、それを読んでいた当時は本当にそうなるのかな~?と若干半信半疑でもありました。
実際の漫画家の生活は目にしたことがありませんが、締め切りはあるわ、自分で話を生み出さなければならないわで大変なのだなあと年をとってわかるようになりました。

レポートなど書いていた時、文字が進まなくなったことがあるんですが、やっぱり書くネタ尽きた時は何だか息が詰まります。書きたいことがあってもうまく言語化できない時も同様です。
サザエさんの伊佐坂先生が編集者のノリスケを困らせてしまう理由が小さい頃わかりませんでしたが、今はちょっとだけわかるようになりました。
けれども、仕事なだけに締め切りは守らなければいけないと思いますが・・・
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment