日本人ってミニチュア好き? 

今日は、よく行くドールハウス商品が売っているホームセンターに行ってきました。

ビリーのドールハウスキットのクリスマスバージョンが売られていて、季節を感じさせられます。

昔は特にドールハウスコーナーが無かったお店ですが、今はすっかり定番商品になっている様で何とも嬉しい。

ちっちゃい女の子がドールハウス見て、「かわいい~」と一緒にいたお母さんに言っていたのが微笑ましかったです。

ミニチュア関連の話で、昔歴史の本で、明治・大正時代のおもちゃとしてミニチュアのかまどもある台所が紹介されていたんです。何とちゃんと火もつくらしい。

そのことをふと思い出してさっき調べたら、明治、大正のままごと道具という形でミニチュアの台所セットなどが存在していたそうです。

長年の疑問がすっきりしました。その時代で、そのクオリティ。技術が凄い。アリエッティもびっくり。

雛人形の持ち物もよくよく考えれば、すごくよくできています。
日本人って昔からミニチュア好きだったんですかね。世界的に見ればドールハウスは古代エジプトに始まり、16世紀ごろには現代の様な形になったらしいので、ミニチュアは昔からあったそうですが・・・。

雛遊び、ままごと遊び、ドールハウスの歴史とか調べてみると面白そうです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment