「31☆アイドリーム」1巻 種村有菜 

「31☆アイドリーム」1巻 種村有菜 の感想です。
「私と猫の金曜日」4巻と同時発売でした。
描き下ろしペーパーの特典が付く、アニメイトで購入。

31☆アイドリーム 1 (花とゆめCOMICS)31☆アイドリーム 1 (花とゆめCOMICS)
(2014/03/25)
種村有菜

商品詳細を見る


種村さんにとっては初の白泉社コミックス。内容も、これまでの種村作品とは一味違うのです。

〈あらすじ〉
31歳の出口千影は彼氏なし、趣味なし、特技なし。職場では「喪女」と馬鹿にされ、同窓会では31年彼氏がいないということが皆にばれ、憧れの人・ハルは友人の由美子と交際し始めたことを知り・・・千影は自殺することを決意します。
川に飛び込む千影を助けたのは中学校の同級生・都北。「15歳に戻りたい」と言う千影に、製薬会社に勤める都北からあるものが手渡される。それは秘密の若返りの薬「アイドリーム」。
どうせ捨てる命だったんだから・・・とその薬を飲み、15歳に若返った千影は、現役人気アイドル・響と出会い、ひょんなことから「出口あかり」としてアイドルデビューしてしまう。

「31☆アイドリーム」のテーマは「逆魔法少女」。
種村作品である「満月をさがして」では12歳の少女・神山満月が死神コンビ・タクトとめろこの力を借りて、16歳に変身して歌手として活動していました。満月が12歳から16歳の成長する変身だったのに対し、千影は31歳から15歳に若返る。だからこそ、「逆」魔法少女なのです。

巻末の種村さんによるおまけ漫画にも描かれていましたが、この物語を描くにあたって担当さんから「種村さんらしくしないで」「トーン少な目で」「服もおしゃれじゃなくして」といった数々の注文があったのだとか。

種村さんの漫画の主人公と言えば「神風怪盗ジャンヌ」のまろんや「時空異邦人」の響古、「紳士同盟クロス」の灰音、「桜姫華伝」の桜姫といった、元気で明るく、可愛らしく華やかな子が多かったですが、
千影はそれとは対照的に気が弱くて、黒髪メガネにいつもスーツで地味目なヒロイン。
種村作品のヒロインとしては異質な存在かもしれません。

〈登場人物〉
・出口千影(でぐちちかげ)
31歳のOL。地味目な女性で気が弱く言い返せないタイプ。職場では陰で「喪女」と呼ばれている。
15歳の時はクラスの中でもマドンナ的存在であり、中学校の卒業式に憧れの男子・ハルから告白された思い出がある。
自殺を決意するものの、都北に助けられ、彼から与えられた薬「アイドリーム」で15歳に若返り、自分を変えたい思いから「出口あかり」としてアイドルデビューしてしまう。(ただし5~6時間で薬の効果が切れ、31歳に戻ってしまう。)
ハルにそっくりな響に少し心惹かれている。

・都北(ときた)
千影の中学校時代の同級生。同窓会にて千影と再会した。自殺する千影を助け、「アイドリーム」を渡した張本人。
千影が初恋の相手であったが、中学生の頃は告白することができなかった。
アイドルデビューを迷う千影の肩を押し、出口あかりとして活動する千影をサポートしている。
千影が若返っていることを知っている唯一の存在。ヒナという恋人がいるが、最近は千影のことが気になり始めている。

・舞堂響(まいどうひびき)
大人気の5人組アイドルグループ「バレンタイン」のメンバーで、15歳の少年。
千影の憧れの人・ハルとそっくり。はっきりものを言うきつめな性格だが、人一倍アイドルとしての熱意が強く、アイドルとしての才能があるばかりでなく努力家でもある。
モデルやアイドルのプロデュースも行っているが、響の完璧主義についていけない者が多く、逃げ出されてしまうのだとか。千影は響プロデュースの新人アイドルとしてデビューした。

・ハル
千影の中学時代の憧れの人。中学校の卒業式の日に千影に告白した。
現在は千影の友人・由美子と交際しており、それが千影の自殺未遂の原因にもなった。

〈各話感想〉
・Episode1
会社でガミガミ怒られる千影。でもその原因は美人な同僚・花美が作り出したものだった。怒る上司もそのことを知っていて千影に怒り、何だか嫌な感じですね。
理不尽な理由で千影にミスをなすりつける花美も相当性格悪いです。
中学校の同窓会にて、楽しい時間を過ごすかと思いきや、千影にとっては黒歴史の日となってしまいました。彼氏いない歴を大声で言ってしまった由美子は悪気は無かったであろうと思いますが、それを皆に聞かれて、憧れの人であるハルに笑われてしまった千影は相当ダメージだったみたいです。
物語中にTwitterが出てくるのも時代ですね。職場の同僚に陰で「喪女」と馬鹿にされ、Twitterの内容を晒され、こんな現場に出くわしたら嫌になりますよ。
何で花美達が千影のアカウントを知っているのかと疑問に思いましたが、アカウント名がそのまま本名だからなんですね。それだと確かにわかりますねえ。
それにしても、Twitterでつぶやいた内容とフォロワーがボットしかいないのを陰口ネタにするのはいけませんね。
ハルと由美子の交際のショックも重なり、千影は「死のう・・・」となるのを見て、いきなり!?と思ってしまいましたが、それ位千影は重傷だったんだろうなあ。
川に飛び込み自殺と言うのが何ともベタです。
千影は15歳の頃がおそらく人生のピークだったんでしょうね。クラスのマドンナでハルからも告白され・・・そういう栄光があったからこそ、今の自分が余計に嫌に感じてしまうのかもしれません。
都北が渡した「アイドリーム」、まだ謎な部分が多く副作用があるということと、変身は5~6時間までということ・・・これが後々になって何か事件を引き起こすなんてならないと良いです。
15歳になった千影を見て都北は初恋が再燃しそうですね。

・Episode2
15歳に若返った千影はめっちゃ生き生きしていますね。体が軽くなった様。
モデルに間違われ、撮影所に連れてかれ、そのままアイドル響とCM出演。どんどん話が進みますね。千影がピコリーノさんにヘアメイクされている時「どうしてこんなんなってるの?」と自問自答していますが、その台詞読者であるこっちが言いたい位です。
千影がとっさに言った偽名「出口あかり」は対照的な名前です。千影=影、あかり=明、正しく光と影。
響はあかり(千影)にいきなりキス、それがCMに使われ、街中に大きい看板として飾られる・・・いきなり芸能界に片足突っ込んでしまいましたね。

・Episode3
都北もいきなり千影がCM出演して驚きの色を隠せません。当たり前ですよ、変身初日にそれをやってのけられたのですから。
千影行きつけのそば屋で都北は会うことになりますが、都北曰く色気がないって・・・そんなこと良いじゃないですか。
それもおそばのおいしさで忘れ去られておりますが。
千影の持論「彼女や奥さんがいる男の人ならお父さんとか兄弟みたいに安心して普通に話せる」には何だか納得。既婚者の余裕と言うのか、既婚者の方で喪女にも優しくしてくれる方おりますよね・・・。
アイドルになるか迷う千影に対して都北の「変わりたいんじゃなかったの?」は衝撃でした。どちらかというと、芸能活動駄目!って反対するかと思ったら、応援してくれるんですね。
今の自分を変えるため、心機一転千影はアイドルになることを決意。
酔っぱらった千影を送り届けた時の都北の回想は、中学時代の都北は目立たないもしくはいじめられていて?「私と似ている」と優しくしてくれた千影に恋していたけれども、ハルの様に告白すらできなかったというもの。
都北は千影が好きだけれども、未だに千影の憧れはハルで、おまけにハルにそっくりな響まで現れた。
千影が「満月をさがして」の満月ポジションにいるとしたら、千影をそばで支える都北はタクト、千影の想い人であるハルは満月の永遠の恋人・英知君ポジションにいるのではないでしょうか。

・Episode4
トップアイドル響プロデュースによりデビューするアイドルがテレビ出演をまさかのドタキャン。またまた代役としてあかり(千影)が抜擢されてしまいました。そんな訳でいきなりテレビに出ることとなってしまったあかり。
短時間でドタキャンアイドルが歌うはずだった歌とそれに合わせたダンスを覚えなくてはならない・・・普段歌もダンスもやらないあかり(千影)はきついのではないでしょうか?
鬼コーチ響によるレッスンが始まりますが、彼はなかなか天才過ぎてついていくのが大変そうです。
歌もダンスも一生懸命な響を見て、「私はなにかこんな風に夢中になったことがあるかな」と考えるあかり(千影)。
いつしか響みたいになりたいと憧れ・・・あかり(千影)の中のやる気スイッチは確実に押されたことでしょう。
響は天才でありますが、その陰には普段の努力有り。響はトップを走るアイドルですから、同じグループのメンバーでさえも付いていけないことがあって、実は人一倍孤独を感じやすいところにいるのかもしれませんね。

・Episode5
いよいよあかり(千影)のテレビ出演。都北もビデオ録画予約をして、見守ります。
できるところまでレッスンしたけれども、やっぱり出てみると緊張で体はガチガチ。
表情も歯を食いしばって必死さが露わになりますがそれでもやり続けるあかりは立派です。
やり終えた後の「やった!」という笑顔はとっても良いです。
この笑顔は「満月をさがして」1話のオーディションの際の満月の笑顔に匹敵する位の良い表情だと思います。
終わり良ければ全て良し。やりきりましたよ。
あかりが懸念していたるーくんのバレンタイン卒業騒動も丸く収まり、めでたしめでたし。
時間切れで若返りが終わりそうな時はばれるのではないかとはらはらしました。若返りには制限時間がある、というのがちょっと厄介ですね。
テレビ局の外で都北に会ってほっとする千影。千影の人生、この数日で変わりすぎです。彼女自身、この変化についていけているのかしら?唯一若返りを知る都北は良きパートナーであり、心のオアシスです。
お酒の飲めない千影の好物・・・クリームソーダ。可愛いですね。千影の言う通り、確かに昭和っぽいですが、その懐かしさが逆によろしいです。

〈その他感想等〉
・千影は31歳OLとしての生活と、15歳アイドルあかりとしての生活、無事両立できるのでしょうか?
・アイドリームの副作用設定や、若返りの制限時間設定がトラブルを巻き起こさないか心配・・・
・都北の過去が気になる。
・15歳として若返りアイドル活動をする中で生まれた自信が、31歳千影での生活ではどう生かされていくのか。同僚・花美にがつんと言うようになったりするのかな?
・今現在は15歳のあかりとしての自分に自信を持って精いっぱい頑張っていますが、いつか31歳の本来の千影自身も認めて、胸を張って堂々と出口千影として生きていってほしいです。
・ハルや響に憧れるのにも良いけれど、都北の気持ちも千影はわかってあげてと思ってしまいます。そばに支えてくれる人がいるのに、心は過去(ハル)に縛られているって、「満月をさがして」の英知君のことを忘れられない満月を彷彿とさせるのです。
・千影に、幸あれ。都北に、幸あれ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment