果たしてそれは黒歴史ノートか 

黒歴史ノート・・・それは部屋の隅で魔力を発している闇のアイテム・・・
私の部屋にもそういった類のノートはある訳でして、たまに見ると面白かったり恥ずかしかったり色々な気持ちが巡ってきます。
当時は今の様にブログをやっていなかったので、日記っぽい物も書いてあるのです。以下、私が中学生の時幻冬舎版ローゼンメイデン7巻を買った日の日記だゾ!

ローゼンメイデン7巻を買いました。
フィギュア付きで2900円位でした。
本屋に行ったら2個、初回限定盤がありました。
フィギュアがまる見えで、箱のサイズはすごく大きくてレジまで持って行くのがすごくこわかったです。
しかも普通に学校のジャージだったし・・・
でもこの時間帯(7時30分位)は中学生はあまりいない時間帯だとあらかじめ知っていたので少しは安心できました。
もちろんカバーはつけてもらいました♪
店員さんはこんな時間にフィギュア付きのおもいっきりオタク系の漫画を買う中学生を見て、どう思ったんだろうね・・・(たぶんめっちゃあやしい・・・)

※この辺に買ったものの絵が描かれている。

しかも一緒にローゼンメイデン1巻も買っちゃったしね・・・
でも、満足です☆

家に帰った時も、コミックをたくさん買ってきたとかんちがいされて大変でした・・・
でも、買えたからいいんです☆

7巻を言葉で表すと・・・
「つに眠りについた雛苺、そして動きだした第7ドール雪華綺晶・・・薔薇乙女達のアリスゲームが再び動きだす・・・」
って感じです

全員に注目して下さい!

※この辺に真紅のイラストが描いてある。

以上、中学生日記でした。部活が終わって家に帰宅してから午後7時30分位に、ローゼンの漫画を買いに行ったんです。
田舎の方なので、本屋に置いてある数が少なかったのですよ。だからどうしても発売日に買いたかったんですね。
汚れないようにきちんとカバーをつけてもらう辺りが今と変わらないなあと思わせます。
やたらオタク系なのを気にしていますね。中学生の私よ。ローゼンメイデン好きなのは、何一つ恥ずかしいことは無いのよ。誇りを持ちなさい。・・・と言ってあげたい。
やたら語尾に☆が付いてますね。何かあっても「でも・・・です☆」で済ませるポジティブさは羨ましいですな。

このノートには自作の漫画と小説も書かれていて、読むと笑うか恥ずかしさで悶えるかのどちらかが待っています。
「キノの旅」が好きで、結構自作小説やイラストを書いたものです。
その一つにキノが乗っているエルメスというモトラド(バイクの様なもの)がバラバラのパーツのガラクタ状態から組み立て直されて、主人公のキノに出会うまでの話があって、こんな話も書いていたのだなあと思わず感心してしまいました。
このエルメスはしゃべることができるのですが、「なぜエルメスはしゃべることができるのか」についての考察が書かれていてなかなか面白かったです。
鎧に魂が定着させられているハガレンのアルの様に、人形という器にローザミスティカという魂の欠片が入れられたローゼンメイデン達の様に、エルメスも誰かの魂がモトラドに乗り移っているのではないか?という考察。
中学生の頃、やたら錬金術に興味持っていましたので、こういう結論に至ったのだと思います。

黒歴史ノート、結構読むと面白くて、取っておいています。
当時どんな妄想をしていたかわかる、ある種の貴重資料。
実は小学生の頃から現代まで描いた落書きやイラストを取っておいてあるのですが、それを見ると自分のブームの遍歴がわかるので面白いです。

~華麗なる妄想遍歴~
小学生時代・・・神風怪盗ジャンヌの影響で天使と悪魔ブーム来る。個人的に招き猫が可愛い女の子に変身するっていう物語を展開中。
中学生時代・・・ローゼンと出会ってローゼンの絵かゴスロリ服の女の子ばかり書いている。薔薇とかやたら長い髪の毛が大好き。ひぐらしの影響でホラーっぽいものにも惹かれる。
高校時代・・・相変わらずローゼンとゴスロリ女の子の絵を描いている。ヘタリアを読んで、勝手に国ごとにイメージする女の子を描き始める。
大学時代~現代・・・魔女と妖怪にはまって、その類の妄想が止まりませんわよ。ローゼンとゴスロリ、和服が好きです。

怪談レストランの闇のギャルソンさん格好良い!ハリポタのルーナかわええ・・・まいんちゃんと擬人化ミサンガ良いかも!と児童向けのジャンルにまで手を出すこともしばしば・・・児童向けで最近好きなのはらくだい魔女シリーズです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment