こんなローゼンメイデン最終回は嫌だ 

昨晩見た夢がローゼンメイデン最終回を読むといった感じのものだったのですが、その内容が何とも不気味でした。

ジュンがローゼンメイデン7人のローザミスティカをミキサーにかけて、新しいローザミスティカをつくり、新しいローゼンメイデンをつくって終わりと言うトンデモ展開な最終回。

夢見ている間は現実のことなんて忘れている訳ですから、夢の中で「え?こんな終わりなの??」と物凄く心にもやがかかった気分。

なぜ、ミキサーにかけたんだ、ジュン。
ローザミスティカ固そうなので、ミキサーでドロドロにするのは何とも難しそうですよ。
新しくできた新ローゼンメイデン達は真紅達とは全く別物で、夢の中で落ち込みましたわ。

目が覚めて、ああ夢だったと気が付いてひとまず安心しました。

夢はパラレルワールドなのだという説がありますが、あれが最終回だとしたら超展開過ぎます。

そう思うと、ヤングジャンプでのローゼンメイデンは良い最終回だったと感じられます。
今月はローゼン関連の書籍が同じ日に大量同時発売と言う、ローゼンファンにとっては何とも嬉しい日がありますので、夢に見てしまったのでしょうか。
4月18日に10巻、画集、小説のロートシュヴァルツ、スピンオフのまいてはいけないローゼンメイデンが同時発売です。
カレンダーに赤丸チェックを付けないといけませんね。
既に、Amazonで予約済みなのだわ。
結構な出費が予想されるので、今日は普段やってる内職かなり頑張っちゃったのだわ。少しでも、ローゼン貯金(?)の足しになればと心が燃えました。

それから・・・水銀燈のプーリップも発売決定なんですね。前に発売された物より雰囲気が原作よりです。
このまま全員ドール化決定になってしまうのでしょうか。
ボークスは、ローゼン関連のSDはもう発売しないのですかね?高価なので手が出せませんが、個人的にボークスさんにはローゼンメイデンをコンプリートしてもらいたいと7年位前から思っていました・・・。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment