ローゼンメイデン展 

今日は久しぶりに会う友達と、現在パラボリカ・ビスにて開催中のローゼンメイデン展に行ってきました。
浅草橋駅から徒歩で行ったのですが、ひっそりとパラボリカ・ビスのギャラリーがあって驚きましたね。

細い階段を昇って2階の受付にてチケットを購入。2階の展示室にはPEACH-PITさんの原画と人形作家恋月姫さんのオリジナルドールの展示が行われておりました。クリアファイルやオリジナルのローゼンメイデンデザインの紅茶、画集やコミック等のグッズは受付スペースにて販売、また受け付けすぐ隣の喫茶スペースにはカラーの複製原画が壁にたくさん飾られていました。

1階の展示室には人形作家西織銀さん達によるローゼンメイデン7人のドール、コイケジュンコさんによるコミックの画像を使ったアートが展示されていました。

ローゼンメイデン、そして作者のPEACH-PITさんは本当に憧れの存在なので、本物の、実際の原画をこの目で見ることができてとても嬉しかったです。
漫画の原画には細かくホワイトで光が表現されていたり、印刷で写らない水色の色鉛筆でちょっとしたメモや台詞が書かれていたりして、ローゼンメイデンはこの様に造られていったのだということを間近に感じることができました。
本物の原画を見る機会なんてなかなかありませんから、本当に貴重なのです。
またラフ画も数点飾られていたのですが、「あ、あのカラーイラストのラフ画だ!」と気付くものもあり、真紅の設定資料の様なものもあり、楽しく見つめていましたね。

そして、この原画展の奥のスペースには人形作家恋月姫さんのオリジナルドールが展示されておりました。恋月姫さんの造られたドールは写真等で見たことはありますが、本物を見るのは初めて。
実際に見ると迫力があり、表情の儚さやほんのり紅に染まった顔や手、それらを包み込むドレス、雰囲気はとても美しく魅力的。

1階の展示スペースは斉藤さんの劇「プラクティカドールズ」の大時計のある舞台、ガラクタの様になったドールが置かれたnのフィールド、めぐと雪華綺晶が一体になってアリスへと孵化する直前の繭が見事に再現されていました。そして・・・舞台の所には7脚椅子が設置され、西織銀さんらによるローゼンメイデン7人のドールが待ち構えているのです。
西織銀さんのことは以前より知っており、ひそかに憧れていました。西織さんがずっと昔にホームページにて1/6サイズの水銀燈の自作ドールを公開しており、それを見たことが知ったきっかけです。
小さいながら、とても繊細な造りでパソコンの画面越しに凄く感動していました。
今回飾られていたドールは1/3サイズですが、本物を見ることができて本当に感激です。
ガラスケースに入れられている状態では無く、何も壁が無い状態でドールを見ることができるのですよ。見れば見る程、うっとりしてしまいました。
これらのトリビュートドール達は西織さんがドール本体を制作した他、様々な方がドレスや靴、ウィッグにアイを造っており、正にそれらの結晶とも言える存在なのだと思います。
どうやら抽選で販売される(既に購入される方は決定済みの様です)そうで、本当に、ローゼンメイデンの物語が始まってしまいそうな気がしてしまいますね。購入される方は、本当に強運の持ち主です。いや・・・人工精霊達が選んでくれたのかもしれない。

喫茶室に展示されていたカラーイラスト達は、雑誌やコミックで見るよりもサイズが大きかったですね。PEACH-PITさんの独特の塗り方と色使いには感服させられます。ローゼンメイデン7人が勢揃いしたイラストがたくさん飾られていて、やっぱり全員揃うと良いなあ・・・なんて思っていました。

帰る前、お土産に2種類のクリアファイルを購入。

RozenMaiden ten (1)

RozenMaiden ten (2)

最終回の扉絵、また画集「薔薇乙女」の表紙絵でもある白いドレスを着たローゼンメイデン達の絵柄のファイルと、同じ絵柄でドレスに色が付いたバージョンのファイルの2種類がありました。
これ以外にオリジナルのローゼンメイデンティーも販売されており、とても心惹かれましたね。

RozenMaiden ten (3)

こちらはローゼンメイデン展のチラシとチケットです。

RozenMaiden ten (4)

チラシ裏の様子。

ローゼンメイデン展は7月7日までの開催です。
http://www.yaso-peyotl.com/archives/2014/06/rm.html
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment