無職脱却の兆し 

先日採用決定通知を頂きました。

これから承諾書を出したりしますが、このまま何も起こさなければ4月から働き出し、今現在の無職状態から脱却できそうな感じです。

就職活動をはじめたのが大学3年生と4年生の間(春休み)位でしたので、約2年間の就職活動ですね。いやあ、長かった、長かった。

ここ最近は「人生詰んだー!!」と感じることも多くて、ストレスの余りコレクションしてきたフィギュアや自分の持ち物を売りまくって処分していましたが・・・まさか、捨ててからこんなことが待ち構えているとは。失ったものは大きかった・・・かもしれませんが、いらないものいるもの取捨選択できて、昔よりもいらないものを貯めなくなってきたので結果的には良かったかな、と思っています。

詳しくは書けませんが、地元の近隣で、大学時代に取った資格を一応は活かせるところに採用が決まったので運が良かったなあと本当に、感じます。
よくこんな喪女を拾ってくれたなあ・・・喪女検定あったら1級取得できそうなレベルですよー。

とても小さなところで、おそらく一緒に入る同期は1人もいないor1人位いそう・・・こんな風ですが、私自身同年代の人がいるとやり辛さとか感じたりリア充怖い!!とかびくびくしてしまう性格なので、丁度良かったです。

(長きに渡る就職活動の中で、もっと採用人数多い所を受験したことも、東京都内の所を受験したこともありましたが、今考えると人が多ければ多いほどストレスだって生まれやすいですし、運良くそちらに入ってしまっても上手くいかなかった気がするのです・・・。)

自分自身地味なので・・・!地球上のどこかのすみっこでしっかり働ければ良いというのが、ここ最近のささやかな希望でございます。あと漫画読んでドールとかコレクションを愛でていられれば良いし、病気の時に普通に病院掛かれればいいし、虫歯できやすいのでちょくちょく治療できれば良いし・・・あ!人間関係も恵まれていてほしいですね、大事です。(ささやかなはずが・・・長っ!)

元々内向的で自己アピール何て上手くできない、それに加えてあがり症の緊張しやすい性格・・・そんな感じですので、ここ最近の大学生が大体経験するであろう就活に向いてはいない!ということに段々と直面してやはり悩みました。故に時間もかかり、家族や友達にも色々心配かけましたが、取りあえず4月からの行き場所が決まって良かったです!

それにしても・・・こんな2月の時期に仕事が決まるとは、想像していませんでした。本当に、予測不能。
最近はホームレスになってなけなしのお金で雪苺娘(ゆきいちご、という名前のもちもちしたヤマザキのお菓子です。冬になると発売します。)をコンビニで買って、それを外で食べながら“フランダースの犬”最終話のネロとパトラッシュみたいに、雪の降り積もるコンビニの駐車場で野垂れ死んだら・・・と最悪の事態のシミュレーションを寝る間際、布団の中でしていいた位、ぼんやりとした不安に心が支配されていました・・・雪苺娘美味しい・・・って言いながらばたっと倒れて頬を涙が伝い、あまりの寒さでその内涙が凍ってしまう辺りまで想像済みですのよ。(笑)

これから働く場所がどの様なところなのか、まだまだ未知の世界で怖い部分もありますが、このシュミレーションが現実化した時のことを考えればかわいいものです。(なんじゃそりゃ)
ようやく行き着く場所ができた嬉しさと、駄目だったら?大丈夫か?等々そういう不安感、両方の気持ちがありますが、勇気を出してやってみようと思います。
そして今度は良いシミュレーションが想像できると、良いですね~。
仕事に慣れ次第、実家通いから一人暮らしに移行して、部屋を漫喫ルームにしてしまおうか!等々妄想中です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment