初傷 

今日は初の休日出勤でした。とはいえ1時間、会議みたいなものに参加しただけだったので、すぐ終わった。
それも午後でしたので、午前中は何もなかったのですが・・・正直休んだ気に、ならなかったのである。
何故だか損した気分で、もっと1日丸々休日感を持って過ごしたかったなあと日が暮れていく空を見ながら思いました。

それはそうと、今日初めて車に傷がついて塗装が剥げてしまったんです。
出勤しようと車を出そうとした時、いつもとちょっと違った状況だった為にこすって、そうなりました。
もう、初めての目立つ傷だったからショックで。なおかつ知らずについたのではなく自分が付けたのがわかっているからこそことさらその度合いも大きい。
1時間の休日出勤が終わった後、良く行く本屋さんに寄ったのですが今日に限っては本を買いに行ったのではない。
もちろんついでに店内に行きましたが、目的は駐車場に停まっている車を見ることでして。皆・・・どれ位車に傷がついているのかな?と気になってしまったのです。

ちらちら見て回った結果ですが・・・結構どの車も傷がついていました。私の様な塗装はげから一番ひどいものだとガムテープで壊れた部分を補強したものまで、色々ありましたね。それを見て、皆傷が付いているものなんだぞと慰めました。

ちょっと前、車を買いたての時、車好きの姉その2が言っていました。
「車はな、絶対に擦ったり、傷つけたりするものなんだぞ」
初めての目立つ傷だから結構ショックですが、あちこち乗り回す訳ですからちょっとやそっとの傷もあって当たり前なんですよねえ。

帰宅後鳥の糞と雨で結構汚れていたので洗車しに行って、濡れた部分を細々とタオルで拭いたりしていたのですが今回傷付いた部分以外にも知らぬ間に付いた傷があちこちにあって、ちょっとショックも和らいだ気がします。あ、ここだけ傷が付いていた訳じゃないんだなと感じて。どうにかこうして気持ちにも収集を付けられそうです。

以下、ちょっとふと思った話。

出勤の時に通る道の途中、スーパーとかに紛れていわゆる個人経営のお店が点々とあるんですね。スナック○○とか。
明らかに古そうな建物に居酒屋○○、スナック○○と個人のお店が入った所があるのですが、その一番隅はcafe de ○○といってカフェの様。
古びた階段の所に錆びた様なcafe de ○○の看板があるのですが・・・その看板は、周囲の環境が田舎か都会かあるいは洒落ていない街か洒落た街かとかで物凄く印象が変わるんじゃないかとふと感じたのです。
実際は田舎にあるのですが、印象としてはやってなさそう、古そう、怪しい。ただ、もしも都会の方にあったら錆びた感じの看板もアンティーク風とか思われて田舎にあるよか洒落て見えるんじゃないか?とも思える。

それに関連して・・・例えば同じ商品でも、ただのスーパーにあるより何だかお洒落な雑貨屋さん服屋さんセレクトショップ等々にあると商品自体がより一層特別なもののように感じられるんじゃないでしょうかね??服でも、靴でも、鞄でも・・・それを言ってはお終いか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment