セトモノとセトモノとぶつかりっこすると・・・ 

セトモノとセトモノとぶつかりっこすると・・・で始まる相田みつを氏の有名な詩。
私は小学生の時に、道徳の授業かなんかで習いました。

セトモノといっても心の方に関する詩でありまして、セトモノの様な固い心でぶつかり合うとお互いに壊れてしまうから、柔らかい心を持ちましょうと言う内容です!

柔らかい心・・・そういうものにわたしはなりたい。あ、これは宮沢賢治だ。

6月に入りまして、ついに働き出して丸2か月経ち・・・よしよし、何とかやり過ごせたなという気持ちです。
っっはぁあーと息を吐いて吸って吐いて深呼吸したくなります。

毎日色々な人と接することになっている訳ですが・・・もう本当色々な人がおります。
それこそ、セトモノ心の人もいれば柔らかいスポンジ心の人もいたり。同じ職場で働く人の中にも、外で接する人達の中にも1人として同じ様な人はおりません。接する機会が長くなるにつれて、「あ、この人はこういう人なんだな」とわかったり。ただ、あんまり人とばりばり接することに慣れない私は、ちょっと気疲れしたりして、夕飯食べてすぐ眠くなって風呂に入るのを後回しにして寝てしまうのがしばしばです。

「○○さんはクセがある」「あの人はちょっと変わっているからね・・・」「あの人は○○な人」・・・周りの人があの人はこういう人って話している時があるのですが、それを聞きながら「人間ってどこかしらクセがあるよなあ」「普通の人だと判断する基準もよく分からない」と思います。他人のことをクセがあるって言っている人自身クセがあるはず。ああ、私だって誰かしらに「○○な人」って思われているんでしょうねえ。この他人からどう思われているか気になる気持ちは厄介で、「あんなことしてしまった/あんなこと言ってしまった・・・あの人にどう思われているだろう?」と不安になることも実はよくある。

昔はその気持ちが忘れられるまで頭の中でぐるぐるぐるぐる飛び回って終わりでして、今でも悩むと似た様なものですが最近は「人間皆クセがあるんだから、他人のことどうこうあれこれこういう人だとか考えちゃうのが人間という生き物の癖でありしょうがないことなんだ」と開き直りの心も生じています。これは多分、自分の周囲の一癖ある人が他人のことを「あの人はクセがある!」って言っているのを見て、「あなたも十分クセがありますよっ」って心の中で一人ツッコミを入れたからだと思う。
ま、1人1人大小様々どこかしらクセがあるのはしょうがないです。セトモノ心にはできるだけなりたくはありませんが・・・!

さてさて日記はこの辺で。以下趣味話。

最近妖怪漫画、オカルト漫画がたくさん発売されていて、結構な頻度で本屋に行ってしまいます。

妖怪漫画多いのは妖怪ウォッチの影響??




妖怪ウォッチ動画!
あ・・・これは修造ウォッチだったね・・・
間違えちゃった

・「自縛少年花子くん1」 あいだひろ
オカルト少女寧々ちゃんが呼び出したのは花子さんではなく、花子くん(男子)だった!?花子さん=おかっぱ頭の女の子という固定観念をぶち壊してくれました。手書き感あふれる様な、絵柄も好きです。どこか怪しい花子くんに興味津々。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757546629?ie=UTF8&tag=semb-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4757546629
http://www.square-enix.co.jp/magazine/gfantasy/story/hanakokun/

・「妖怪学校の先生はじめました!1」田中まい
ヘタレな神社の二男坊である主人公が赴任したのは妖怪が通う学校だった・・・というお話。ギャグな感じですが、疫病神君の辺りはシリアス雰囲気あり。「教師やめてパン屋さんになるー」っていう主人公のヘタレ台詞が何故かツボにはまり、最近何かあると「○○やめてパン屋さんになるー」が心の中の口癖になっている。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A6%96%E6%80%AA%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%AE%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81%EF%BC%881%EF%BC%89-G%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E7%94%B0%E4%B8%AD%E3%81%BE%E3%81%84/dp/4757546610/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1433421959&sr=1-1&keywords=%E5%A6%96%E6%80%AA%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%AE%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F
http://www.square-enix.co.jp/magazine/gfantasy/story/youkaigakkou/

・「神と呼ばれた吸血鬼1」桜井海
日本で土地神になった吸血鬼・ブラドが主人公・・・へ!?花子くん同様固定観念を壊されました。女子高生が土地神になっちゃった「神様はじめました」もびっくりしそうな。雪女の死者の体に憑りつく設定は初耳だったのですが、独自のものなのか、そういう民話でも昔話でもあるのか?とちょっと気になりました。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A5%9E%E3%81%A8%E3%82%88%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%90%B8%E8%A1%80%E9%AC%BC%EF%BC%881%EF%BC%89-%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9ONLINE-%E6%A1%9C%E4%BA%95-%E6%B5%B7/dp/4757546459/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1433421959&sr=1-3&keywords=%E5%A6%96%E6%80%AA%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%AE%E5%85%88%E7%94%9F%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F
http://www.ganganonline.com/comic/kamito/

・「カイダンにっき1」晴十ナツメグ
神に刃向ったことで行方不明となった姉を持つ主人公が出会ったのは、姉の友達と名乗る死神クロエで・・・といったお話。
調べてみたら、作者さんはxxxHolicとか高橋葉一さんとか好きだそうで・・・根っからのオカルト漫画好きなんだろうなあ。
実は今日買ったばかりでまだ途中までしか読んでいないのですが、日本風の神様が登場したり、主人公自体が祓い師の家系だったりと和の雰囲気なのにそこへ洋風な感じの死神クロエが登場して不思議な感じ。そもそも死神の概念は西洋由来?な気もするので、和洋折衷と言っていいでしょうか・・・
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4048693468/?ie=UTF8&tag=dengekidaioh-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4048693468/
http://daioh.dengeki.com/contents/kaidannikki/

・・・他にも色々、あるのですが、今日はこの辺で力尽きました!
Amazonのリンクと画像を貼れる機能がFC2から無くなってしまったのはやはりちょっと痛いですね。

あと、ローゼンメイデンの作者さんPEACH-PIT先生の新作「ワンダリングワンダーワールド1」も発売されましたよ!
テーマパークで鬼退治・・・といったお話。かなりざっくり説明ですが。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-1-%E3%82%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%EF%BD%A5%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B9-%EF%BC%B0%EF%BC%A5%EF%BC%A1%EF%BC%A3%EF%BC%A8%EF%BC%8D%EF%BC%B0%EF%BC%A9%EF%BC%B4/dp/404103132X

ちょっとゾンビローンの雰囲気を思い出させられました。男子2人に女子1人とか、グロめシーンあったりとか。あとライバルチームの3兄弟は何だかゾンビローンのAローンっぽい気がする。

ちなみに明日は同作者の「クギ子ちゃんがいる!2」の発売日でもあります。早く読みたいです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment