漫画ってなかなか減らせない・・・漫画沼 

前回の記事は黒星紅白展blancに行ってきたという内容でした!その時は画集が未発売で欲しかったのに買えなかった訳ですが、無事13日に再び行って限定カバー付きの画集を手に入れることができましたよ・・・!
その時のことは現在記事作成中。色々画像付きで思い出も織り交ぜながらお話したいと思います。

まあ、今回はそれとは全く別な内容の日記記事になりますのでご注意を。

度々ブログの中でも漫画本整理の話がこれまで出ていましたが、今回もまたその話題です。

私の場合興味持った漫画を本屋の店頭orAmazonorブログとかネット記事とかホームページとかうんぬんで発見→購入といった流れを繰り返し、漫画が段々と増えて行ったのですが最近とある問題が発生。

「漫画を買って増えていく速さに対して、それを読んでいく速さが追い付かない・・・!」という問題。

割かしここ最近、「気になる!」と思った漫画を大して悩まずに買ってしまったことが重なったせいか・・・漫画の増殖スピードが一時期凄まじかったんです。そしてそれに加えて給料が入ったことで「今までお金が無くて買おうと思ったけど買えなかった漫画買おう!」と思ってまとめ買いしてしまい、さらに増殖。本棚がいっぱいいっぱいになってしまいました。

前から好んで買っていた妖怪漫画とか魔女漫画に加え、これらの理由によって増えた漫画が新たな仲間になったんですが、読む速さが増える速さに追いつかなくて結局じっくり読むことができなくなり、「漫画増えすぎたな・・・」と改めて思うのでありました。

しかも、私の場合続刊予定の漫画を買うのがほとんどなので、1巻を買ったらまた2巻も買わねばならない!という謎の使命感が生まれ、そうやってさらに増える・・・フィギュア沼じゃなくて漫画沼でしょうか。

とはいえ、漫画が1000冊とか500冊とかある訳でも無いのです。物凄く冊数が多すぎて床が抜けるレベルでは無いのですが、漫画1冊1冊をじっくり読めないことと、冊数が増えて何か部屋とか本棚が狭く感じることとお金が減ることが気にかかり、この度またまた漫画本整理をすることになりました。

ただ、これまでの漫画整理とは違うことがあります・・・

その違いとは・・・
1巻のみしか出ていなかったり等まだ巻数の少ないもの、何となく買ってしまった漫画を狙う!

まだそんなに執着心が浅いものは割と捨てる決意をしやすかったのですが、問題は捨てるのになかなか踏み切れない本。

私の場合のなかなか捨てるのに踏み切れない本箇条書き。
・漫画の内容はあまり好みじゃないけれど絵柄が好きな本。
・作者名につられて買った本で、内容はあまり好きでない本。前作が好きで、その次に出たものも買ってみたがそっちは好みじゃなかったとか・・・でも同じ作者さんだからとか考えちゃってなかなか処分できない。
・内容もしくは絵柄にちょっと好きじゃない部分があるけれど、ネットとかで評価高い本。


この様な感じで、自分の中では厄介なのです。

・自分の好みじゃないものは手放す。

・・・こういう風なわかりやすいルールを決めて、今日はどうにか20冊処分しました。

あれもこれもと所有し続けたら本当に、きりがない。きりがなかったですねえ。
こうならないためにも気軽にひょいひょいと本を買うのには気を付けた方が良いのだと、考えさせられました。
かなりまだ巻数が少なめの漫画を処分したので、漫画が増えるスピードはある程度緩まるはず。そのおかげで、「あの漫画の最新刊が発売されるから買わないと!」と何となく急かされる気持ちも少なくなりましたし、良かった。

フィギュア沼ならぬ漫画沼には注意しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment