増えすぎた漫画問題にどう向き合うか。 

ここ最近の悩み・・・

ま、漫画、増えすぎた!買うスピードと読むスピードが合わない。読むのに追いつかない!買って数か月放置本とかあの辺にうじゃうじゃあるわー(心の声)

漫画、本、読むの好き。好きなんです。
最近は昔に比べて漫画レーベルも増えたからなのかそうなのかよくわかりませんが、毎日色んな漫画が発売されておりますよね。
かくいう私も本屋に行って、興味を持った漫画を買い集めて・・・それを繰り返したらどんどん部屋の中に本棚が増えていました。
就職して前よりも自由に使えるお金が増えたこともあり、かなり、漫画の増殖スピードが以前より速くなり自分でも「増えすぎ」と何回も思うことがよくあります。本当に。

私の部屋の場合、5つのカラーボックスを本棚代わりにしているのですが、①~④の本棚は既刊の漫画を置いて、⑤の本棚はというと、買ったばかりのもので未読のものを置き、読み終えたら①~④の棚に入れていくルールにしています。

ところが最近は、⑤の本棚がかなり混み合っている。

「読んでいない本が溜まっている!!」

こういう危機感を大体1か月に1回は持ち、定期的に漫画を整理し手放すものは手放してしまっています。特に、5~10巻とか既刊ある漫画のシリーズをまとめ買いした時に起こりがち。一気に本棚が埋まるので。

もう当ブログでも漫画処分の話を何回もしてきましたが、買取サービスを利用する時とかも、ものすごく、売る漫画と取っておく漫画の選別に悩むんですよね。悩み過ぎて時たま脳疲労のせいか吐き気が起きます。

ただ、だからと言って買った漫画を全部取っておくということも不可能。本に部屋が押し潰されてしまうので・・・

「漫画減らさないとな・・・」と思う度に、Googleで「漫画 捨てられない」とかそれらしいキーワードを検索してしまうのですが、そうすると似た様な悩みを持っている人のブログとかネット記事を発見。この溜まった漫画問題で悩んでいる方、多いかどうかはわかりませんが一定数はいるみたいですね。

と、まあ、ここまで徒然長々と書いてしまいましたが前置きはこの位にして、自分なりに漫画捨てられない問題、漫画増加問題について色々と考えてみました・・・!

まず、漫画が増えすぎて何が問題になっているのか考えてみました。
・部屋の中における漫画のスペースが多くなって、整理できなくなってきた。ストレス発生。
・お金が減る。
・購入する漫画がシリーズ物の場合(1巻完結でないもののこと)、その続刊が発売したらまた購入するのでその分またお金が無くなる。あと、続刊の発売日を定期的にチェックしたりして、購入しているシリーズ物が多い分そのチェックの手間も増えて疲れる。
・1つの漫画をきちんと、じっくりと読めない。

漫画が増えて整理しきれないことも大問題なのですが、個人的には1番最後に挙げた「1つの漫画をじっくり読めない」ことが結構重い。ここ数年は流れ作業の様に買っては読んでを繰り返している気がして、1つの話を考察したりしながら読もうという気持ちが薄くなっていた感じです・・・

次。
どうすれば「漫画を減らすことができるのか?」と考えてみた。

漫画を減らす方法としては、
・捨てる
・買取サービスを利用する
・電子書籍化
・そもそも買う漫画を減らす
・衝動買いをしない
・買う漫画のジャンルを決める
・紙の書籍ではなく電子書籍で購入

この中で今自分が行っているのは「買取サービスの利用」と「買う漫画を減らす、衝動買いしない、買う漫画のジャンルを決める」ですね。電子書籍は読む機械(機会と言っていいのだろうか・・・kindleとか?)を持っていないから利用していません。ただ、髪の書籍が好きと言うのもあるのですが。

こんな感じで漫画を減らす方法をいくつか挙げましたが・・・
増えすぎた漫画問題に対応するべく私が取ってきた策は「とにかく定期的に持っている漫画をチェックして、増えてきたら買取サービスに売る」という方法です。
売らないで捨てるという手もありますが、捨てちゃったことはカビ生えた本をゴミに出した以外ありませんね。特に過去ある程度読んだ漫画なんかはぽいっとゴミ箱に捨てる気持ちにもなれない。あとは手汗が良く出る関係で基本透明ブックカバーを付けて読んでおり、大体の本が綺麗だからとか、ポストカードとかペーパーとかの購入特典が付いているからとか、もったいないとか、捨てない理由は色々です(汗)

方法は様々ありますが、漫画を減らす行為に当たって問題になるのが・・・
「漫画の取捨選択問題」

これは、悩みます。かなり悩みますよ!

正直、好みじゃない漫画は判断が付きやすい。
ただ、そうでない漫画が難しい。

①お気に入りの漫画
②作者買いの漫画
③特別好きって訳ではないけれど、続きが気になって買っている漫画。
④特別好きって訳ではないけれど、時たま良い言葉とかが登場したり、絵が好きだったり一部分が好きな漫画。
⑤好みじゃない漫画

①は取っておく。
②は、大体取っておく。ただあまりにも内容が苦手なものだったりすると手放すかもしれない。
⑤は手放します。

問題は③、④。
人間の好奇心というものは本当に恐ろしいものです。(世にも奇妙な物語みたいな台詞ですね・・・)
私の場合、すぐに手放す判断ができません。

そのため、何か月か時間を置いて悩んだりして、気持ちの踏ん切りがついたら手放しています。この繰り返し。

③、④系の漫画のことを思い返してみると、実は割と大体手放しています。
これには自分でも驚きました・・・結構取っておいた気がしたのですが、ほとんど手放しておりました。
結局手放すことが多いなら、最初からとっととそうしておけばいいじゃんとも思えますが、すぐ判断して失敗していることもあるんですよ。1回いらないって手放して、手放してからネットとかで試し読み1話分とか読んで、そういえばじっくり中身読まないで「捨てたい!漫画減らしたい!」っていう気持ち一直線で捨てたことに気付き、結局また買い直した漫画もいくつかあるのです。

こういうこともあるので、捨てたい衝動で取捨選択をするのはなかなかおすすめできません。その漫画に対して一部分でも惹かれているのなら、もう1回読み直して考えてみても良いんじゃないかなと思うのです。「漫画が増えたから捨てちゃえ!」っていう気持ちに押されてその漫画の良さを知る前に捨てる選択をするのは何とももったいない。

そして、漫画を捨てる選択をした後、襲ってくるもの・・・
謎の罪悪感。気持ちの揺らぎ。

最近、漫画家さんブログとかTwitterやっている方多いですよね。もうそこで漫画描く際の裏話とか見聞きすると・・・

「こんな苦労して作り上げられた漫画を手放しても良いものだろうか・・・」

と罪の意識に襲われる。重いなー(汗)

あとは、読書メーターとかで他の人の感想を見て、

「やっぱり良い漫画なんだな。手放すのやめようかな」とか思ってしまう。

気持ちが非常にゆらぎます。

こんな気持ちに襲われるのは割と多い。情に流されている。

でも、何とか片付けようという気持ちを押し通す。

手放すこと=その漫画を嫌いになった訳でもありませんし、読んで得たものがぱっと消え失せる訳でもない。
所有していることが大事なのではないので・・・手元に無くても別に平気。


そういうことを考えて騙し騙し、増えすぎた漫画達に向き合いつつある今日この頃。
実は昨日今日も整理していくつか手放しました。
結構減らしたので既刊を追い続けて購入する漫画のシリーズがちょっとは減ったかな?と思います。
そうでもしないと、本当に1冊1冊をじっくり読めないしどんどん増えるばかりだったなあ・・・

漫画を読むのは好きなのですが、一方でいつも増えすぎる漫画問題にも悩まされているので、良い方法が無いかこれからもちょくちょく考えていく予定です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment