ローゼンメイデン0 第2階 感想と考察 

3月19日発売のウルトラジャンプに掲載された「ローゼンメイデン0」第2階の感想&考察です。(遅くなってしまいましたが・・・)

ローゼンメイデン0 第1階の記事はこちら。

第2階(第2回)の中で一番の衝撃だったのは坊っちゃんの目の前に現れた水銀燈によって語られた第0ドールの存在。

・・・あ!第1階で書いた予想がちょっと当たりました。

ローゼンメイデンは元は1つのローザミスティカを7つに分けて作られた7人姉妹・・・という設定でしたが、水銀燈によると8人姉妹で第0ドールがいる、とのこと。

気になったのは菊との会話の中で翠星石は「ローゼンメイデンは7人姉妹」とはっきり言っているんですよね。

同じローゼンメイデンの中でも認識が違う?
水銀燈は第1ドールなので、後から生まれた第3ドールの翠星石の知らないことを知っているのかもしれないです。

それから、坊ちゃんの追い求めるドールは水銀燈でも翠星石でもなく・・・真紅でしたか。

第1階冒頭のシーンが2回ほど再登場しましたが、真紅を所有する謎の男性の会話がカタカナなのは何か意味があるのでしょうか。地味に怖い。1回目の部分ではひらがなでしたが・・・

さて、感想はこの辺にして
続いて考察に移ります。

夢か現か、現か夢か?
・・・なんて前にラプラスの魔が言っていました。

ローゼンメイデンって夢なのか、現実のなのか境がよくわからなくなることがあります。夢の扉が開いてしまうことだって有りな世界ですし!

坊ちゃんが真紅を持つ謎の男と記者で出会った話自体夢だったというのが今回、坊ちゃん自身から語られます。坊ちゃんと水銀燈の会話でここは誰かの夢の中かもしれない、夢の主が目覚めたら私達も消え去るとありましたが・・・

これ、本当なのでは?

と、疑惑を抱いた。

この大正時代の菊と坊ちゃんがいる世界は、前作「ローゼンメイデン」の過去話ではなく続きではないでしょうか・・・

予想その1:真紅を復活させるためにローゼンメイデンの6人と手がかりを探すジュン。その内に「ローゼンメイデン0」で描かれている大正時代を舞台にした世界に入り込んでしまった?

そして
予想その2:坊ちゃん=ジュンで、再び真紅に会いたいというジュンの想いから真紅を追い求めている。

なぜ坊ちゃん=ジュンだと思ったのか。その理由としては
①真紅を探している
②ラプラスの魔はジュンのことを“坊ちゃん”と呼んでいた
③翠星石が「ひきこもり坊ちゃん」と呼んでいる・・・ジュンもひきこもり経験者
④ローゼンらしき人物と汽車で会っている・・・ジュンも何度か人形師・ローゼンと会ったことがある

④に関してはあの謎の男=人形師ローゼンということ前提。これまでの人形師・ローゼンが現れたシーンでは、彼自身真っ黒に塗りつぶされたシルエットで登場していました。今回の第2階で、謎の男が黒シルエットで登場していたのと鞄の中に人形(真紅)を連れていたことから、謎の男=ローゼンではないかなと予想。ローゼン自身も鞄に人形を歩いて持ち歩いていたんでしたっけ。坊ちゃんに「あなたになら大切な宝物を見せましょう」と言ったのも、坊ちゃん=ジュンだから。あなた(ジュン)になら、ということで・・・。

予想その3:水銀燈は記憶を失っておらず、この世界が夢だと知っている。

水銀燈もローゼンメイデンの誰かを探していて、その誰かとは真紅のこと。坊ちゃんに協力することになったのも、真紅復活のための旅の途中だから。
水銀燈は記憶を失っておらず、坊ちゃん=ジュンでどうもあべこべな夢の世界に入り込んでしまったことを気付いている。
第0ドールのことは・・・元々水銀燈が知っていてそれを表に出さなかっただけか、真紅復活の旅を続けている内に知り得た情報か、どちらかか。ジュンや翠星石は記憶を失い、真紅復活のための手がかり:第0ドールの情報が抜け落ちてしまっているとか。

あと、何か過去話にしては表情とか協力を言い出すところとかが、水銀燈にしては不自然な気がする。坊ちゃんとの初対面の時の表情がちょっとやわらかく見えるのは私だけでしょうか・・・昔の水銀燈だったら、もっときつそうな顔していると思うのです。めぐとの別れもアリスゲームも経験した後の水銀燈だからできる表情なんじゃないかな。

予想4:第0ドールは真紅復活の鍵ではないか?

水銀燈の口から「第0ドール」の言葉が出てきた時、坊ちゃんは「零(ゼロ)とは何も無いということ」、「何もないものを創るだなんておかしな話じゃないか」と言っていますが、ここから真紅復活の鍵はまだ見ぬ第0ドールが握っているんじゃないか?と考えました。

「ローゼンメイデン」の最後は、ジュンと6人のローゼンメイデンが新しい真紅のためのローザミスティカをつくり出す・・・と言った終わりでしたね。正にローザミスティカを0からつくりだすということ。

どうも坊ちゃんの「何もないものを創る」という言葉が引っかかりまして、ひょっとしたらこれが真紅復活のための手掛かりなのではないかと予想しました。

・・・

ローゼンメイデン0、本当に色々な予想ができます。

坊ちゃん=ジュンとも確定はできませんし、坊ちゃんや菊はnのフィールドのどこかの扉から入った別世界での登場人物だという可能性も大有。たまたまそこの世界にローゼンメイデン達が迷い込んできたと言うだけで。

それに、素直に過去話と言うことだってありそう。人工精霊はドールと似た人物をマスターに選ぶそうですから、翠星石が出会ったのが双子の菊だったのも、真紅に会いたくてたまらない坊ちゃんがひきこもりなのも、人工精霊が引き合わせた運命なのかも。
・・・そういえば、ローゼンメイデン0では人工精霊が登場していませんね。一体どうしたのだろう・・・。過去翠星石と運命を共にしてきた蒼星石も姿が見えないし、本当、ローゼンメイデン0はあちこちに謎が散りばめられています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment