劇場版名探偵コナン 純黒の悪夢 を見に行きました。 

ここ毎年恒例の個人的行事になりつつあるコナン映画。今日見に行ってきました。

ゴールデンウィークだから人が混んでいるかな・・・と思いつつ初めて行く映画館に足を運ぶ。1人で見に行ったんですけれど、周りは家族連れとか友達同士の方が多かった感じです。ちなみに、前の方の席のチケットを取ったのですが、自分以外真ん中の通路より前の席に座っている人がいなくて


○○○○○

○○○○○

○○○○●

○○○○○

( 通路 )

●●●●●

●●●●●

●●●●●


↑こんな感じになっていました。映画が終わってからこの状況に気付いて驚きました。

後ろはめっちゃ人がいたのね・・・


以下映画の感想ですが・・・


まず最初のキュラソー&安室&赤井さんのカーチェイス。

一般人への被害が物凄そう。


それから、キュラソーは身体能力や運転技術が凄い・・・カーチェイスしながらラムにノックリストの内容をスマホでメールするなんて!映画見終わってからキュラソーみたいに片手でメール早く打てるかな・・・と自分でやってみましたら、案の定できませんでした(笑)


キュラソーは一時的な記憶喪失で優しいお姉さんに変身していましたね。冒頭の赤井さんに「ひき殺してやる!!」と言っているのと、少年探偵団達に優しく微笑む姿は同一人物なんですよね・・・声優は女優の天海祐希さん。初挑戦だと思うのですが、上手だな、という印象でした。


水族館で少年探偵団とキュラソーを見失った原因である博士。

コナンの「何やってんだ!博士!」に同意見。そして博士「はとぽっぽー」って鳩と戯れているし・・・何やってんだ博士・・・


あと、何となく少年探偵団がトラブルに巻き込まれるだろうな・・・と思っていたのですが、やっぱりそうなりました。あんな観覧車事故に巻き込まれた後、彼らはPTSDにならないのかな、トラウマで観覧車乗れなくなるんじゃない?とか思ったのですが翌日元気そうで少年探偵団の精神力に驚き。まあ蘭も事件に遭遇することに慣れてきちゃっているし、少年探偵団も同様なのかな?アニメだし、その辺りはつっこんではいけないエリアでしょうか。


観覧車での安室と赤井さんの殴り合いは見ていて「もうこんな時に何やってんの!?」と思ったのですが、コナンの登場と観覧車に爆弾が取り付けられているかもしれないという緊迫の状況を知り一時休戦。そしてコナンと赤井さん、安室の協力によって最後大惨事を免れたという展開はおお!と熱くなってしまいました。


目的は同じでも、組織が違うとやはり色々やりにくいのでしょうか。

赤井さん(FBI)と安室(公安)が対立していたのと同様に目暮警部達(警視庁)と公安の対立も描かれていましたし。

あと松田刑事と安室さんは同期で知り合い同士でしたか。思わぬ事実でした。


最近話題のラムに関しては、キュラソーの回想で合成っぽい声のみで登場。口調が女っぽい?とも思えたのですが、男の人でもああいう話し方するかもしれない。落ち着いた人など。

それからキュラソーの知ってしまった黒の組織についての余計な情報って何だろうな・・・この辺は映画の本筋とは関係ないみたいでスルーされた気はしますが。


あとキュラソーが得たノックリストにより黒の組織へのスパイが3人判明、のち殺害されてしまいますが黒の組織、スパイ多すぎとか余計なこと考えてしまったよ・・・いったい黒の組織ってどのくらい人員いるのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment