ローゼンメイデン0 第4階 感想と考察 

先週のことになりますが、ローゼンメイデン0掲載のウルトラジャンプを買って参りました。

家まで持ち帰って読めば良いけれど、それも待ちきれなくていつも本屋の駐車場で読んでしまう。気になっちゃって。
漫画を買って、早く読みたい!っていうこの気持ち。昔、毎月毎月りぼんを買ってわくわくしながらページをめくっていた時のことを思い出させます・・・。

そういえば、先月は休載だったんですよね。2か月ぶりのローゼンメイデン0。

浅草十二階にて行方知れずだった妹の華と再会した菊。

今回は菊と華のことについて描かれていた回でした。

モダンガールな華は、ずいぶんと田舎の故郷と家族のことを疎ましく思っているようですが・・・それには思い人(正雄)に失恋した過去が関係しているみたいですね。

しかも失恋の相手が好きだったのは姉の菊だったという、ドロドロしそうな恋愛模様。

自分のことを好いているんだろうと思っていたために、それは本当に、まっさかさまに落ちていく気分だったんでしょうね。その過去から離れるために、帝都に来たものの・・・姉も近くにいて。菊さんが優しい娘で、妹思いでっていうのはすごくわかる。でも、姉を見て過去を思い出して辛い華さんもかわいそうで、でも菊さんが悪い訳じゃなくて・・・この姉妹の確執は、ローゼンメイデンの翠星石と蒼星石の関係を思い出させます。・・・とそんなことを思っていたら、華の元に鞄で眠る蒼星石が現れたよ。このまま華が蒼星石のゼンマイをまいたりするのかな?
人工精霊はドールと似た人間をマスターに選ぶそうだから、双子ドールが菊・華姉妹の元にたどり着いたのは納得できる。

あ、そういえば、人工精霊といえば翠星石の元にスイドリームがやってきました。今までどこ行ってたのよ?
普通、ローゼンメイデンは鞄に入って眠った状態で人間の元に届いてそばには人工精霊がいるのが当たり前・・・ですが、0での翠星石に関しては、鞄には入っていないし人工精霊もついていないし色々不自然。ゼンマイだけはあったけれど。
今回翠星石が倒れたのはおそらく、鞄で眠っていなかったからだと思います。菊さんによると、ゼンマイをまいても目覚めなかったそうですので、ネジが切れたって訳じゃない。スイドリームが来たことで目が覚めた翠星石。翠星石が見た夢っていうのは、どんな夢?この夢の内容は結構重要な気がします。

前から考えている、この世界は過去なのか、前作からの続きなのかという疑問に関しては、まだまだ謎が深い。
華はnのフィールド内で折れた浅草十二階の姿を目撃したことから、やっぱりローゼンメイデン達は過去も未来も自由に世界を飛び越えられるのかなと感じたのですが、浅草十二階が折れた世界とは別のパラレルワールドっていうことも考えられそう。
まいた世界・まかなかった世界じゃなくて、折れた世界・折れなかった世界のような。

それから、翠星石と蒼星石は結菱一葉氏と出会うまでは、いつでも一緒に行動していたはずなので、過去話ならば2人のマスターが違う人にはならないのでは?ただ、菊も華も契約してはいなくて、マスターにもなっていないので、まだ何とも言えませんが。仮に翠星石が菊と、蒼星石が華と契約したら、前作の過去話説の否定理由になるのではないかと思います。
でもでも!現時点では雛苺と金糸雀は次のマスター待ちで眠った状態なんですよね。前作からの続きだと、雛苺はともかく、金糸雀はみっちゃんと契約解約済みになってしまう・・・やはり、過去話?いや、でも、真紅のための新しいローザミスティカ探しで何かがあって皆混乱状態なのかもしれない?翠星石が記憶喪失になったように。うーん・・・。

・・・まだ答えが出るのは先になりそうです。

そういえば、結菱の坊っちゃんはどこでnのフィールドが覗き見できる双眼鏡を手に入れたのかしら?まさか、ラプラスの魔?それとも眠っている真紅を連れた謎の人物か?
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment