ミッフィーの生みの親、ディックブルーナの「シンプルの正体」 

浅草のドールショウ50に行った後は、松屋銀座で開催中のディックブルーナ展「シンプルの正体」を見に行きました。

会場は、かなりの混雑。

以前開催されたミッフィー展の時よりも、ミッフィーの展示は少な目。ペーパーバックの表紙デザインの展示など、デザイナーとしてのブルーナ氏の仕事の紹介が多かったです。そういったイラストは本でしか見てきたことがなかったので、新鮮でした。
以前、学校の図書委員活動でPOP(本の紹介を書いた看板)を作っていた時代がありましたが、ブルーナ氏風のイラストにしてみたり、シンプルにしてみたり、写真のコラージュみたいにしたり・・・と実は真似したりしていました。ブルーナ関連書籍を読んで、そのこだわりというものに触れて、シンプルデザインの魅力を知り。そのような訳で、今回の展示はぜひとも、見に行きたかったのです。
(学校卒業した後、あのPOP達はどうなったのかな?と時たま思います。捨てられたりしていないと良いなあ・・・)

ゆっくり見ようと思えば見れたのかもしれませんが・・・とにかく混んでいて、この後行きたい場所もあったのでどんどん進み、後で公式図録を見て補完すれば良いということにして、実質会場内にいた時間は10分も無かったかもしれない・・・ハイスピード過ぎたか?

写真撮影OKな場所があったので、その画像と会場の入り口の様子です。

simple (1)

simple (2)

simple (3)

ちなみに、公式図録はAmazonでも買えます。
ブルーナ氏のミッフィー以外のイラストがたくさん収録されているようです。

会場外のグッズ売り場も、混雑で動くのが大変でしたが、イベント自体の混雑っぷりは前のミッフィー展でも同じだったので慣れました。
会計レジはたくさんあったので、スムーズに購入でき辛くはない。以前のミッフィー展も、先月のリカちゃん展も同じ松屋銀座のイベント会場での開催でしたので、店員さんも慣れていたり、ある程度の対応策があったりするのでしょうか?混雑対策ってなかなかに大変だと思うのですが。

・・・ちなみに、ミッフィーに関連いたしまして。
実はこの日の昼食に、途中池袋に行きました。
西武池袋でミッフィーレッカーカフェという期間限定カフェが開催中だったもので、もしも、空いていたら入ってみようという考えで。
行ってみたら11時前位だったのですが、長蛇の列が既にできていまして、すぐあきらめてミッフィーカフェの横にある飲食店でお昼を食べました。そのご飯は美味しかったので、苦い思い出にはならなかったのですが、世の中のミッフィー人気を目の当たりにしました。やはり、コラボカフェ物は混みます。ムーミンカフェみたいな常にあるお店なら空いている時間、日にちがあると思いますが、期間限定となると、より混雑しやすくなるのでは。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment