またまた一人カラオケ 

今日は帰り道に・・・一人カラオケ。

実は仕事で涙目になったことがありまして。
色々と準備していたのに上手くいかず、悔し涙というのでしょうか。いや、緊張とかも入り混じっている。
そういえば、大学時代のプレゼン的なもので貧血を起こしてぶっ倒れた時も、色々な気持ちで涙が出てきましたが、
本当に何の前触れもなく、ただ下にふっと落ちていくものなんですね。色々とショッキングなことがあった結果の涙は。

今日の涙については、自分では準備をして臨んだわけですが、やっている途中で他者からの思わぬ否定的な発言があり、
神経がパニックになった結果だと思います。

何とか涙が流れそうになるのをこらえて、そうしたら今度は鼻水が垂れてきて、いつも常備しているポケットティッシュのほとんどが消えました。私は涙が出る時、鼻水がかなり出る体質。

こんな経緯があったのと、最近よく行く本屋で季節柄夏系の歌が流れるのが頭にこびりついていて、カラオケに行くしかないよね、という選択に至りました。

夏系の歌って言うのは、



とか



とか



ゆずの「夏色」は吹奏楽部だった時代に演奏した曲でした。確かミュージックエイトの楽譜で。
私が演奏したときはだいぶスピードがゆっくりで、後から原曲を聞いて速さに驚きました。私が吹いていた夏色は、ゆっくりゆっくりゆっくりゆっくり下ってくー・・・という位だったかもしれない。どれだけスピードダウンしたの?いや、めちゃくちゃ長い長い下り坂、だったのかな。

この3曲の中で、ミュージック・アワーだけを今回カラオケで歌いましたが・・・
途中で色々間違えたけれどノリが良いからか、ちっちゃいミスは見逃すくらいの心の余裕がありました。

あとは
好き勝手にアリプロを歌いました。あまり歌ったことのないものを歌おうということで、普段歌っていないアリプロ曲にちょっとチャレンジ。

そういえば、金曜の夕~夜だから、週末で人が混んでいるかと思いきや、結構カラオケ店は空いていました。
隣の人の声とか聞こえるかな、と思っていましたがそれもなく。
歌いながら、小窓から外の様子をちらちら見ても人が通路を通らない。
夕飯時だったからか。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Add your comment